全身脱毛で予約が取りやすいサロンの見分け方

 

全身脱毛で予約が取りやすいサロンの見分け方に関して詳しく説明している画像

 

1.予約の取りやすさを予約方法、アプリ、店舗数などで比較

 

全身脱毛では個人差やサロンによって効果が出るまでに6回〜12回、脱毛完了までは18回〜60回の来店が必要です。これだけの回数を通うので予約がスムーズに取れないと脱毛期間がどんどん長くなってしまいます。

 

そのため、ここでは予約が取りやすくて通いやすいサロンの見分け方を5つの点で比較しながら紹介します!

 

 

 

1-1.予約方法の違いで比較

 

 

主に電話、店舗、webの3つの方法が一般的です。

 

サロンの予約方法はサロンごとに変わりますが、一般的には、

 

・コールセンターに電話
・店舗
・webサイト

 

これらの3つが一般的です。特にweb予約は24時間いつでも予約が取れるので、このような予約方法のあるサロンに通うと予約の機会を逃さずに通いやすくなります。

 

一方で『エタラビ』では予約方法が他のサロンと違っています。

 

・予約は毎月15日になると来月分だけ予約できる
・基本的に電話のみ(当月分の予約は空きがあれば店舗でも取れる)

 

15日になると会員がいっせいに予約を取ろうとするので電話がつながりにくい欠点はありますが、来月以降の予約は誰にも取れないので、他のサロンのように2、3ヶ月先まで予約がいっぱいと言うことはありません。

 

サロンによってさまざまな予約方法がありますが、web予約があると予約の機会を逃しにくくなります!

 

 

予約方法

特徴

エタラビ

電話(店舗は当月分のみ)

毎月15日に来月分の予約が取れる

それ以外のサロン

電話、店舗、web

24時間使えるweb予約があって便利

 

 

 

1-2.予約アプリがあるかで比較

 

 

アプリを使うと店舗の空き状況を知らせてくれます。

 

先ほどサロンの予約は3つの方法が一般的と言いましたが、アプリを使って予約を取れるサロンも出てきました。アプリが使えるのはミュゼとシースリーで店舗の空き状況をメールなどで知らせてもらえます。

 

また、このようなアプリでは契約した店舗以外でも予約を取ることができます。しかし、脱毛ラボのように店舗移動をするごとに1,000円の手数料がかかったり、エタラビのように店舗移動の希望を伝えてから2、3日後でないと予約が取れない場合もあります。

 

ミュゼとシースリーでは空き状況を知らせてくれるアプリがあります!

 

 

予約アプリ

店舗移動の注意

ミュゼ、シースリー

あり

なし

エタラビ

なし

手続きに2、3日かかる

脱毛ラボ

なし

手数料が移動するごとに1,000円

 

 

 

1-3.来店頻度と施術時間で比較

 

 

来店頻度が少なく施術時間が短いほど店舗が空きやすくなります。

 

全身脱毛1回分を何回の来店でおこなうかはサロンによって違います。その理由は、

 

・1回で全身を施術すると→施術時間が長くなる
・複数の来店に分けると→何度も予約を取って通うので大変

 

このようにどちらの方法でも欠点があるからです。しかし、高速脱毛器を使っているサロンでは1回の来店で全身脱毛1回分が施術でき、1時間ほどで施術してもらえます。

 

このようなサロンは銀座カラー、キレイモ(パックプラン)、脱毛ラボ(スピードパック)、ミュゼ、シースリーで、これらのサロンでは店舗の空きが生まれやすく、予約が取りやすくなっている傾向があります。

 

来店頻度が少なく、施術時間が短くなれば店舗に空きができやすく予約が取りやすくなります!

 

 

全身脱毛1回の来店回数

来店ごとの施術時間

銀座カラー(プレミアムファストパス)

1回

50分〜70分

キレイモ(パックプラン)

1回

90分〜120分

脱毛ラボ(スピードパック)

1回

60分〜90分

ミュゼ

1回

60分〜120分

シースリー(プランによる)

1回

45分〜60分

その他のサロン

2回〜4回

40分〜60分

 

 

 

1-4.営業時間と定休日で比較

 

 

営業時間が長ければたくさんの予約を受け付けられます。

 

サロンによって営業時間はばらばらだったり、同じサロンでも店舗によって営業時間が違っているところもあります。営業時間が長かったり、定休日が少なければそれだけ多くの人が利用できるので予約が取りやすくなります。

 

また、夜遅くまでやっているサロンは平日の仕事終わりにも通いやすいのでおすすめです。その理由は、

 

・わざわざ混む土日に予約を取らなくてもいい
・土日の予約を取ろうとする人が少なくなる

 

このようなことが起こり、結果的にサロン全体の混雑が解消されるからです。それに対してシースリーのように21時まではやっていても平日に定休日があるサロンは営業日が少なく予約が取りにくくなってしまう場合があります。

 

サロンによって営業時間や定休日の有無など違いがあります!

 

 

営業時間

定休日(年末年始を除く)

キレイモ

11時〜21時

なし

銀座カラー

平日12時〜21時
休日10時〜19時

なし

エタラビ

12時〜21時

なし

ミュゼ

10時〜20時

なし

脱毛ラボ

10時〜22時

なし

シースリー

12時〜21時

水曜・第2火曜

 

 

 

1-5.予約変更のしやすさで比較

 

 

予約変更の期限はサロンによって違います。

 

『急な仕事が入ってしまった』、『生理がきてしまった』など、サロンに通っている間にはいろいろなことが起こるので、予約の変更も柔軟にできるサロンや、キャンセルのしやすいサロンの方が予約も取りやすくまります。

 

また、生理中の場合は脱毛ラボ、シースリーでは一切の脱毛ができません。そうなってしまうと生理が来る日を慎重に選ばなくてはいけないので、希望の日とサロンの空いている日を探すのが大変で予約が取りにくくなってしまいます。

 

脱毛ラボやシースリーでは生理と店舗の空きを考えて予約を取るのが大変です!

 

 

予約変更の期限

生理中の脱毛

キレイモ

予約前日の21時まで

できる(VIO以外)

銀座カラー

予約前日の19時まで

できる(VIO以外)

エタラビ

予約前日の21時まで

できる(VIO以外)

ミュゼ

期限なし

できる(VIO以外)

脱毛ラボ

予約2日前の21時半まで

一切できない

シースリー

予約1分前まで

一切できない

 

 

1-6.店舗数とベッド数で比較

 

店舗数多くて、ベッド数も多ければたくさんの予約を受け付けられます。

 

人によっては『○○は店舗数が多いから予約が取りやすい』と言っている人がいますが、それだけでは十分な理由にはなりません。この場合に予約が取りやすいサロンとは、店舗数が多く、1店舗あたりのベッド数が多いサロンのことです。

 

また、会員数によっても予約の取りやすさが違うことも考えられますが、サロンが発表している人数は『いままで会員になった延べ人数』なので、あまりあてにはなりません。ですが、2014年からオープンしたキレイモでは『会員数=現在通っている人』なので会員数が少ない今のうちが予約が取りやすいかもしれません。

 

予約の取りやすさは店舗数とベッド数によりますが、サロンによては会員数も影響してきます!

 

店舗数

1店舗あたりのベッド数

キレイモ

41店舗

3台〜10台

銀座カラー

42店舗

6台〜28台

エタラビ

72店舗

5台〜10台

ミュゼ

185店舗

4台〜15台

脱毛ラボ

55店舗

3台〜12台

シースリー

71店舗

5台〜10台

全身脱毛サロンの予約の取りやすさを6つの点で比較記事一覧

1.全身脱毛サロンの料金を6回あたりの料金で正確に比較全身脱毛サロンの料金を比較する場合に月額制など『月々の料金が安いサロンが良い』と判断していませんか?もちろんこれも正解なのですが、実はこれだけでは不十分なんです。なぜなら、サロンによって全身脱毛1回に何ヶ月かかるかが違うからです。そこで、ここではサロンの料金を回数を揃えて比較することで、月々の料金だけでは正確に比較できなかったサロンごとの料金を...