脱毛エステサロンのシェービングサービスを徹底比較

 

脱毛エステサロンのシェービングサービスを徹底比較に関して詳しく説明している画像

 

1.シェービングサービスの料金、範囲を比較

 

脱毛エステサロンに通ってからと言って、すぐにムダ毛が『ゼロ』になるわけではありません。そのため脱毛に通っている期間中も自己処理をするわけですが、この自己処理が上手くできていないと脱毛後の仕上がりに影響してしまう可能性があるんです。

 

そのため、脱毛エステサロンではシェービングサービスをおこなっているのですが、その内容がサロンごとに違っていて、料金や範囲がいまひとつわかりにくい...そこで!脱毛エステサロンのシェービングを比較するために、それぞれのサロンのシェービングサービスをまとめてみたので、サロン選びの参考にしてみてくださいね!

 

 

 

1-1.『キレイモ』のシェービングサービス

 

 

プランによってサービスの内容が違います。

 

キレイモでは剃り残しがあったときの対応がプランによって違います。

 

シェービングサービスの有無

サービスの料金

月額制プラン

有り

1回1,000円

パックプラン

有り

何回でも無料

 

 

月額制でもパックプランでも、どちらも剃り残しがあったときにはシェービングサービスを受けられますが、月額制はお金がかかってしまうのに対して、パックプランなら無料でシェービングをしてもらえます。

 

続いてシェービングサービスの範囲ですが、キレイモではどちらのプランでも全身をシェービングしてもらえます。ただし、全身をシェービングしてもらえるからと言って、全く自己処理をしていかないと、シェービングするだけでも時間がかかってしまい、その分だけ施術時間が延びてしまうので注意しましょう。

 

キレイモのパックプランなら全身を無料でシェービングできます!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

月額制プラン

1回1,000円

全身

パックプラン

何回でも無料

全身

 

 

 

1-2.『エタラビ』のシェービングサービス

 

 

ほとんど全身を無料でシェービングしてもらえます。

 

エタラビのシェービングサービスの特徴は何と言ってもシェービングサービスが無料でほとんど全身を剃ってもらえることです。エタラビではVIOを除く全ての部位を無料でシェービングしてもらうことができます。

 

ここまでシェービングサービスが充実しているのはエタラビの他には先ほど出てきたキレイモのパックプランくらいです。全身をしっかりとシェービングしてから施術をするので、脱毛完了後の仕上がりも良くなります。

 

エタラビならVIO以外ならどの部位も無料でシェービングできます!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

無料

VIO以外の全身

 

 

 

1-3.『銀座カラー』のシェービングサービス

 

 

シェーバーを持参するかどうかでサービスが受けられるかが変わります。

 

銀座カラーは電動シェーバーを持参するかどうかでシェービングサービスが受けられるかどうかが違います。持参した場合は背中、おしり、Oラインを無料でシェービングしてもらえます。

 

また、持参しなくても銀座カラーで販売しているシェーバー(3,300円)を購入してサービスを受けることもできます。ただ、いずれにしてもシェーバーがないといくらお金を払ってもシェービングしてもらえないので注意しましょう。

 

銀座カラーではシェーバーを持参すると背中など自己処理の難しい部位をシェービングしてもらえます!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

無料(ただしシェーバー持参か銀座カラーで購入)

背中、おしり、Oライン

 

 

 

1-4.『脱毛ラボ』のシェービングサービス

 

 

全身をシェービングしてもらえますがお金がかかります。

 

脱毛ラボでは全身をシェービングしてもらうことができますが、VIOが含まれているかで料金が違います。VIOを含む場合で1回1,500円、含まない場合は1回1,000円かかります。

 

さらに、脱毛ラボでは自己処理が完璧でないとほとんど毎回シェービングサービスの料金がかかってしまい、サービスを断ってしまうとその部分を避けて施術するので、背中などの自己処理がしにくい部位ではきれいに仕上がらないこともあります。

 

脱毛ラボでは全身をシェービングしてもらえますが、お金がかかってしまいます!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

・VIO含む:1回1,500円
・VIO以外:1回1,000円

全身

 

 

 

1-5.『ミュゼ』のシェービングサービス

 

 

部位は限定されてしまいますが、無料でシェービングしてもらえます。

 

ミュゼの場合は自己処理で剃り残しがあったときはその部分を避けて施術されてしまいますが、銀座カラーと同じように背中など自己処理が難しい部位は無料でシェービングしてもらえます。

 

ミュゼでは脱毛部位が細かく分かれているため、シェービングしてもらえる部位も細かく分けられています。シェービングしてもらえるのは『襟足』、『背中上下』、『腰』、『ヒップ』、『ヒップ奥』の5つの部位です。

 

ミュゼでは無料でシェービングしてもらえる部位が細かく分かれています!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

無料

襟足、背中上下、腰、ヒップ、ヒップ奥

 

 

 

1-6.『シースリー』のシェービングサービス

 

 

自己処理のしにくい部位だけシェービングしてもらえます。

 

銀座カラー、ミュゼと同じように、シースリーでもシェービングしてもらえる部位は自己処理のしにくい部位に限られていて、シースリーでは『背中』、『おしり』、『Oライン』のシェービングサービスが無料です。

 

またシースリーでも自己処理が不十分だと、その部分の施術は避けられてしまいます。毎回施術を避けられてしまうと、仕上がりに影響が出るどころか、特に背中などは水着で人目につく部位なので、ムラができてしまっていると恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

シースリーでは背中、おしり、Oラインのみ無料でシェービングしてもらえます!

 

 

シェービングサービスの料金

シェービングサービスの範囲

無料

背中、おしり、Oライン

 

 

 

2.シェービングサービスならキレイモかエタラビ

 

サービスが無料で全身をシェービングしてもらえます。

 

これまででシェービングサービスはサロンによってさまざまな差があることがわかってもらえたと思います。シェービングサービスではキレイモのパックプランとエタラビが全身を無料でシェービングしてもらえるので、他のサロンよりサービスの質が良くておすすめです。

 

その一方で、脱毛ラボのように全身をシェービングしてもらえてもお金がかかってしまったり、ミュゼやシースリーのように部位が限られていたり、銀座カラーのようにシェーバーを持参しないといけないなど、キレイモ、エタラビと比較した場合はサービスの内容に不満が残ります。

 

全身をシェービングしてもらえて無料なのはキレイモとエタラビだけです!

 

 

メリット

デメリット

キレイモ

全身が無料

月額制では1,000円かかる

エタラビ

全身が無料

なし

銀座カラー

背中などが無料

シェーバーの持参が必要

脱毛ラボ

全身をシェービング

全ての部位でお金がかかる

ミュゼ

背中などが無料

シェービング部位が少ない

シースリー

背中などが無料

シェービング部位が少ない