脱毛サロンの契約で注意したい4つの大事なポイント

 

脱毛サロンの契約で注意したい4つの大事なポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛サロンで注意しなければいけない4つのポイント

 

脱毛サロンを利用しようとしている人達に
契約について注意しておいてほしいことがあります。

 

脱毛サロンと言っても

 

・脱毛の値段
・脱毛のプラン
・脱毛サロンでのサービスの質

 

など色々と検討しなければいけない部分があります。

 

そこで、契約をする前に後悔しないための4つのポイントをご紹介します!

 

 

1-1.体験脱毛をした日に契約は結ばない

 

 

最も重要なのが体験脱毛した日には契約は結ばないことです。

 

初めて脱毛に行って体験を受けると、脱毛を受けたことによってテンションが上がってしまって、冷静な判断ができなく、契約した後に後悔してトラブルになってしまうというパターンは非常に多いです。

 

そのため、体験脱毛に行った日にはコースの説明や疑問点を質問して、いったん家に持ち帰ってその答えや脱毛サロンの雰囲気、スタッフの対応などを冷静に考えて後日契約に行くのがベストです。

 

契約は一旦冷静になってから後日行うのが一番おすすめです!

 

 

1-2.必要なコースだけを契約する

 

 

脱毛をするときに必要なコースだけを契約するというのはとても重要です。

 

脱毛サロンでは昨今の環境の変化から無理な勧誘や激しい勧誘がなくなりつつありますが、契約するとなった場合に

 

・この商品も合わせて使うと良い
・このコースも合わせて契約する人が多い
・同時に契約すれば割引価格で脱毛ができる

 

など、ここぞとばかりに勧誘をしてくる場合もあります。

 

それは脱毛をして自分で気になったらまたやれば良く、その時に同時に契約をしてしまうと思っている以上の料金がかかってしまったり、帰ってから後悔してしまうので必要以上のコースへの契約の申し込みはやめましょう。

 

契約では勧誘されても必要なコースだけ契約するようにしましょう!

 

 

1-3.契約前に契約の内容をしっかりと確認

 

 

契約前には契約の内容をしっかりと確認しましょう。

 

大手の脱毛サロンなら契約内容がごまかされてたり不備があったりということはほとんどないのですが個人サロンのようなところでは、

 

・オプションの料金が小さく書かれていた
・予約キャンセルの時に手数料の支払いがあった
・返金に関しての記述がなかった

 

など、後でトラブルになってしまう事例は意外と多んです。

 

そのため、契約書は以下の点をしっかりと確認してください。

 

・辞める場合の返金に関して
・解約の条件など
・コースの有効期限があるのか?
・途中でコースの変更は可能か?

 

トラブルの多い4つの確認事項だけはしっかりと確認しましょう!

 

 

1-4.料金についてしっかりと確認

 

 

脱毛の料金がどの程度かかるのかの確認もとても重要です。

 

契約に進んでしまう前に何カ所か行ってみてそこでは、どのくらいの料金がかかるのかということ、何か問題が起きた時の保険や対応はしっかりしているのかサロン側に質問をしておくことが大切です。なにもしらないで勧められるがまま契約してしまうと、後で痛い目に合うこともあるので注意してください。

 

料金についても入会金があるのか、全サービスを受け終わったときの総額などもしっかりとチェックしておいてください。後でこんなにお金がかかるのを知らなかったと言っても手遅れなので、自分に合った料金プランの所を利用するようにしましょう。

 

契約する前にそのサロンの評判はどうなのか、料金やサポートはどんなものがあるのか最低限の情報は集めておくようにしてください。なにもしらないと悪いサロンでは高額のプランを押し付けられてしまうかもしれません。

 

脱毛の料金、総額についてはしっかりと確認しておきましょう!

 

 

2.万が一脱毛の契約の解除、キュンセルをする時の注意点

 

万が一サロンの解約がしたくなった時の注意点に関して詳しく説明している画像

 

脱毛サロンの契約をその場の雰囲気で断れずに契約してしまった結果、
後で後悔してしまうというトラブルは意外と多いのが現状です。

 

しかし、その時に契約の解除、キャンセルはできるのでしょうか?

 

そこで、脱毛の契約の解除・キャンセルをするときの注意点をご紹介します。

 

 

2-1.クーリングオフとは?

 

 

消費者を守るために作られた解約方法です。

 

クーリングオフとはその名のとおり、『cooling off(頭を冷やす)』という意味があり、

 

・ 冷静に考えたら必要のない契約だった
・ 脅されたなど強引に契約させられた

 

などと言う場合に、一度契約をしてしまっても後日解約ができる制度です。

 

ただし、いつでもクーリングオフができるわけではありません。クーリングオフは法律によって定められた解約方法で、解約には期間や金額など、いくつかの条件があります。

 

クーリングオフを行うには条件があるので注意しましょう!

 

 

 

2-2.脱毛サロンでクーリングオフは可能?

 

 

クーリングオフによる契約の解除は可能ですが以下のような条件があります。

 

脱毛サロンでの契約でクーリングオフを適用させるためには、

 

・脱毛の契約期間が一か月以上
・脱毛の契約の料金が5万円を超える金額
・契約書をもらってから8日以内

 

という3つの条件を満たすことで契約を解除・キャンセルができます。

 

脱毛サロンは自分で店舗で契約しているのでクーリングオフが使えないと勘違いしている人も多いのですが、実は脱毛サロンの店舗で契約をしていてもクーリングオフの適用ができるんです。

 

そのため、契約で後悔している場合には8日以内に契約の解除を行いましょう!

 

 

 

2-3.クーリングオフを行う方法や手順

 

 

クーリングオフではハガキなどを郵送して解約の意思を伝えます。

 

クーリングオフでは以下のようにハガキなどに必要事項を記入し、脱毛サロンへ解約の意思を伝えます。

 

クーリングオフの方法に関する画像

 

クーリング・オフって何?(見守り情報)_国民生活センター

 

 

そして、ハガキなどを郵送するときに注意したいのが、必ず配達記録や簡易書留で送ることです。

 

配達記録や簡易書留なら相手がハガキなどを受け取ったことが郵便局側の『記録』として残ります。つまり、『クーリングオフ期限の8日以内にハガキを受け取っていない』と言う言い訳を未然に防ぐための証拠となるんです。

 

期限内に相手側が受け取ったことを記録として残すことが大切です!

 

 

 

2-4.医療クリニックではクーリングオフはできない

 

 

医療クリニックでの医療脱毛はクーリングオフの対象外です。

 

脱毛サロンでの脱毛の契約は特定商取引法という法律であるためにクーリングオフの制度が使えますが、医療脱毛は医療行為である医療契約になってしまうのでクーリングオフの制度とは法律が違うので適用ができません。

 

医療クリニックで脱毛の契約をするときには契約の途中解約になるので、事前に契約を解除する時の返金対応などがどうなっているのかを契約をする前にしっかりと確認しておきましょう。

 

クーリングオフの対象外なので契約前にしっかりと確認だけは怠らずに!