脱毛ができない、しない方が良い状態(妊娠、生理、入れ墨など)

 

脱毛ができない、しない方が良い状態(妊娠、生理、入れ墨など)に関して詳しく説明している画像

 

脱毛はいつでもどんな状態でもできると勘違いしてしまいがちですが、
実際には脱毛をするときには体調や肌の状態を考慮して行う必要があります。

 

脱毛をするときには、

 

・脱毛をすることができない状態
・脱毛をするのを辞めておいた方が良い状態

 

があります。

 

これを知っておかないと脱毛をした後になって肌のトラブルなどの問題を抱えてしまうことも考えられるので、どんな状態のときには脱毛をしない方が良いのかを知っておいてください。

 

状態によって脱毛をした方が良いのか悪いのかご紹介します!

 

 

1.妊娠の時は脱毛はどうしたらよい?

 

妊娠の時は脱毛はどうしたらよい?に関して詳しく説明している画像

 

1-1.妊娠中の脱毛効果はどうなの?

 

 

妊娠中でも脱毛の効果はもちろんあります。

 

脱毛を続けていくと基本的に毛質が徐々に細く柔らかいものになっていくと言われています。とくにSSC脱毛などでは抑毛成分があるジェルを塗布しながら、そのジェルとの相乗効果で脱毛施術の効果が出てくるものなので、脱毛を勧めていくうちに毛が細く産毛に近い状態になってくると言われています。

 

しかし、妊娠することでこの毛質が元に戻ることはあります!

 

妊娠中の女性はどうしてもホルモンバランスが崩れやすく、ちょうど思春期に毛質が変わるように、妊娠する前と妊娠中、出産後で毛質が変わってしまうことがあります。これはかなり個人差があるため、確実に毛質が変わるということではなく、変わることがある、戻ることがあるという状態です。

 

 

1-2.妊娠中は脱毛は中断するのが一般的

 

 

妊娠中には脱毛を中断するのが良いでしょう。

 

妊娠中の脱毛はレントゲンの放射線のように母胎に影響が出るわけではありませんが、妊娠中にはホルモンバランスが崩れている状態では肌のトラブルが起こりやすいことや脱毛効果が出にくいことがあるためになっています。

 

女性の場合ホルモンのバランスが崩れてしまっていると肌も荒れてしまうこと多く、脱毛をしてしまうとさらに肌トラブルが起きてしまってかゆみ、シミ、そばかすの原因になってしまうので妊娠中は脱毛を中断してカミソリなどで処理を行うのがおすすめです。

 

妊娠中は自己処理を中心に脱毛はその期間は中断しましょう!

 

 

2.生理中の脱毛は可能なの?

 

生理中の脱毛は可能なの?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.生理中も脱毛は避けるのがベター

 

 

生理中も脱毛は避けた方が良いでしょう。

 

生理中であっても脱毛をしてはいけないという事はありません。ただ、体質によっては生理中に肌が敏感になってしまったりすることもあるので、できれば避けたい時期ではあります。

 

生理も周期がきちんと決まっているのであれば、脱毛の予約も入れやすいのですが、周期通りにきちんと来る人ばかりとは限りません。生理の周期はストレスなどの影響も受けやすいですし、生理とぶつからないように予約を入れても、生理が来てしまう、遅れてしまうなんてこともあるでしょう。

 

肌が敏感で荒れやすいといった方は生理中の脱毛は延期しましょう!

 

 

2-2.部位によって対応は変わってきます

 

 

部位によって脱毛は問題ない所と問題がある部位があるんです。

 

生理中だからと断れることは少ないのですが、デリケートゾーンの脱毛に関しては、断られるケースもあります。デリケートゾーンの脱毛時には生理になってしまった時には、自ら予約変更をする方がスマートでしょう。生理中の脱毛は極力避けたいところですが、ワキや腕などであれば、問題の無いケースが多いでしょう。

 

・VIO脱毛:脱毛を延期すべき
・上半身の脱毛:脱毛してもそこまで問題ない

 

そのため、脱毛部位によって生理中に脱毛を延期するのかを決めましょう!

 

 

3.タトゥーをしているけど脱毛はできるの?

 

タトゥーをしているけど脱毛はできるの?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.フラッシュやレーザー脱毛はできない

 

 

タトゥーが入っているとフラッシュやレーザー脱毛はできません。

 

タトゥーはおしゃれの一つとして入れている人も意外といるのですが、光脱毛やレーザー脱毛は、毛根にあるメラニンを狙って熱処理を行うタイプの脱毛法なので、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はタトゥーのある場所やその付近にはできません。

 

実はタトゥーはそのメラニンと認識されるのでやけどの原因になります!

 

タトゥーは黒いのでメラニンの塊に向かって照射されると、その部分がひどいやけどを起こしてしまう可能性が高いのです。これは本来の脱毛の目的と違いますので、光脱毛やレーザー脱毛のサロンやクリニックではタトゥーのある箇所は受け付けてくれません。

 

ただ、タトゥーから少し離れた場所ならメラニン色素に当たらずやけどの心配がないのでOKという場合もあります。それを理解して、それでも問題ないのであれば施術自体は受けられます。

 

 

3-2.ニードル脱毛なら脱毛は可能

 

 

ニードル脱毛ならタトゥーがあったとしても脱毛をすることは可能です。

 

もしタトゥー部分やその周辺も施術してほしいということでしたら、光脱毛やレーザー脱毛ではなく、ニードル脱毛であれば施術可能です。ニードル脱毛は毛穴一本一本に針を刺してそこから電気で毛根を焼切る方法なのでメラニン色素というのは関係ありません。

 

しかし、毛穴一本一本に針を刺して脱毛を行っていくので、

 

@ 針を刺すとき
A 毛根を焼くとき

 

かなりの激痛になるのでそれは我慢が必要になってきます。

 

タトゥーがある場合にできる脱毛方法はニードル脱毛だけになります!